2017年03月04日

ひざ下はどうして冷える?


ひざ下のむくみや冷え、乾燥はどうして起こるのでしょう?
多くの方を困らせているこの症状の原因を探ってみました。


そうすると3つの原因がわかってきました。

血液の流れが悪い
血液がきちんと流れないで一部に滞っていたりすると、むくみや冷えに繋がります。
乾燥の原因にもなるようです。


リンパ液の流れが悪くなっている
血液と同様にリンパ液の流れが悪くなっても、むくみや冷えに繋がります。
リンパ液のほうはリンパ管から液が漏れて細胞の隙間で滞ると良くないようです。


ひざ下の筋肉のコリ
足の血管はちょっと特殊で、足を動かすことにより血液を循環させます。
筋肉が凝り固まってしまってポンプ作業がうまくいかないと、血やリンパの流れに悪影響を及ぼし、冷えの原因になります。


このような原因でむくみや冷え、乾燥に繋がります。
ルピエラインで滞った血やリンパ液の流れを良くすると、症状を緩和できますよ。

⇒ルピエラインの詳細はこちら


ラベル:ルピエライン
posted by ルピエライン at 08:00| ルピエラインはどんなもの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする